賃貸暮らし

【体験談】築年数が古い平屋(戸建て)に住むメリットとデメリット、物件によっては虫も多く出ますよ。

賃貸の平屋物件に住むのは、現在も含めて2回目です。

 

どちらの物件も築40年超えの古い物件です。

 

そんな私が、平屋のメリット・デメリットをお話していこうかと思います。

 

なぜ平屋の物件を選んだのか

 

平屋を選んだ理由は、単純に2階まで登りたくないからです(笑)

基本的に面倒くさがりな性格なのです・・・。

 

以前の平屋物件は、2Kで、今の物件は3DK。

 

夫婦二人暮らしですし、将来的に3人暮らしになったとしても、子どもが小学校に上がるまでは住めるかなという感じなので、今はこれくらいの広さで十分なのです。

 

それに集合住宅と比べ、騒音問題で悩まずに済むのがいいですよね。

 

平屋のメリット

騒音で悩むことがあまりない

 

「騒音で悩まない」これが最大のメリットでしょう。

 

私は、賃貸マンションから今の平屋に越してきましたが、全く騒音に悩まされなくて最高な環境です。

 

車が走る音、どこかでボールを蹴っている音、学校のチャイムや吹奏楽部の音など色々と聞こえてきますが、こういうのは全然平気なタイプなので気にしていません。

 

それに自分が出す音も気にしなくていい(限度はある)ので楽です。

 

早朝や深夜でもお風呂や洗い物をしても誰にも文句を言われない、朝まで音量を気にせずに動画やゲームができるって最高です。

 

掃除がやりやすい

 

平屋は1階建てなので、部屋数もマンションとあまり変わらないので、楽です。

 

平屋のデメリット

虫が多い・・・(泣)

 

虫が出る物件がある

 

戸建てに住む以上、絶対に虫がでないとは言い切れません

 

ある程度の覚悟が必要です。

 

物件によっては異常に虫の出現率が高いという最悪な結果が待っています。

 

今の物件は、悩ますほどの虫は出ていません。

小さな蜘蛛くらいです。

 

前の物件は、とんでもない数の虫と戦ってきました。

 

各部屋にアリの行列や蜘蛛、ムカデ、台所とお風呂にナメクジ、お風呂にミミズといった虫たちが大勢出現しました。

毎日のようにミミズは現れます(泣)

 

お風呂にミミズって・・・想像できますか・・・。

 

アリはまだ対処できますが、ミミズとナメクジはどうしようもありません。

 

台所は、チラシなどで隙間をなくしたら出なくはなりましたが、お風呂は我慢するしか方法しかないです。

 

大家さんや管理会社に言っても「古いから」で片付けられます・・・。

 

もう実費で対処なんてしたくないので、引っ越しましたよ。

 

古い物件は安易に借りないほうが身のためです。

 

庭のある物件は気をつけよう

 

庭と言ってもコンクリートのみならば大丈夫です。

 

賃貸情報を見ていても思いますが、古い築年数の所は、庭木や雑草が生い茂っているものが非常に多いですよね。

 

大家さんが全て対処してくれる物件もありますが、基本は自分たちでやると思います。

 

前の物件では、庭木は親さんが担当、雑草は自分という契約でした。

 

ですが、庭木は近隣から苦情が出るまで大家さんは動いてくれませんでした。

 

雑草は、想像以上に大変です。雑草を抜いた後に除草剤をまかないとすぐにまた生えてくるので大変です。

スギナという雑草は大物です。

 

今の物件は、庭木も雑草も自分たちがやるという契約ですが、一部の区画だけなので苦労するほどのものではありません。

 

戸建てを借りる際は、雑草が生い茂らない物件をお選び下さい!

 

場所によっては音が響いてくる

 

メリットに騒音問題で悩むことがないと書きましたが、これは場所によります。

 

今の物件は、道路前ということもあってか他の家からの音の影響は少ないです。

 

前の物件は、住宅密集地の真ん中でしたので、他の家の音がよく聞こえてきました。

 

早朝深夜関わらず、車のエンジンをかけながら音が筒抜けになるくらいの音量でラジオを聴く人や車のドアなどを何度もドアバンしたり、窓が開いているのに、テレビの音量が大きい人とか書き出したらキリがないくらいありました。

 

まぁ、戸建てに住んでも騒音はありますということですね。

 

私は、上階や隣からの足音や壁ドンをされなければ苦痛に感じないので、騒音とは思ってはいなかったです。

 

大家さんが協力的ではない場合がある

 

前の物件は、大家さんが非協力的で大変でした。

 

古い物件なので、よく何かしら壊れていました。

 

入居してすぐに排水枡というのでしょうか、洗濯や風呂の水を流すと枡から水(汚水?)が溢れてくるのです。

 

管理会社に事情を説明して対処してもらおうとしたら、大家さんが自分で対処してくれと言ってきました。

 

アパートと違って戸建てだから枡を掃除するなり業者さんに頼むなりして実費でやってくれと・・・。

 

実家でも定期的に掃除していたから分かりますが、入居してすぐ詰まるわけがなかろうと。

 

「大家さん」または「前の住人」のせいで排水枡が溢れているのだろうって反論をすると・・・?

 

じゃあ、初回は大家さんと折半で業者に頼みましょうと上から目線の提案。

 

「折半!?」

 

もう交渉に疲れたので折半で了承することにしました。

 

いざ、業者さんの清掃が入るとなかなかの詰まり具合でした。

 

おもちゃやなにか分からない物たち等・・・どう考えてもうちじゃない。

 

後に届く請求書はきれいに折半ではなく、消費税はこちら持ちでした。

 

それ以外にも色々とありましたが省略します。

 

前の大家さんは、何か困ったことがあっても積極的に動いてくれる方ではありませんでした。

 

変な話、管理会社に同情されるレベルの大家さんでした。

 

失礼な話、前の物件の大家さんは「貸してやっている」という気持ちでやっているのでしょう。

 

この物件は、たまたまハズレを引いただけなのは分かっています。

 

実際に今の大家さんは優しく、細かい配慮をしてくれる方です。

 

外気の影響を受けやすいのか?

平屋に限らず、戸建ては寒い・暑いとは言いますが、これは地域や物件によるでしょう。

うちは、東北住まいです。

 

以前住んでいた平屋物件は、暑いし寒いし大変でした。

 

夏はエアコンが効きにくい、冬はこたつや石油ファンヒーターがあれば平気ですが、部屋全体が温まっている気がしませんでした。

 

今住んでいる物件は、まだ夏は経験していません。

 

冬に引っ越してきましたが、キッチンと脱衣・お風呂場が寒いくらいでした。

 

とはいえ、キッチンは石油ストーブを置けば暖まりますので悩むほどでもありません。

 

暖房をつけていない部屋は冷えますが、石油ファンヒーターをつければすぐに暖まりました。

 

リフォーム物件で、窓も複層ガラスということもあってか寒いとは感じません。

 

私は、戸建てよりも前に住んでいたマンションの方が寒くて苦労しました。

 

角部屋とはいえ、上下、隣(片方)の部屋に挟まれているにも関わらず寒かったのです。

 

窓の結露で凍って、朝や午前中は窓が開かないということも多々ありました(笑)

 

フローリングは冷たいし、窓からの隙間風もひどかったです。

 

マンションに住んでいた時は、色々と悩んでいたときだったので、自分の体温がただ下っていただけということもありますが・・・。

 

経験上、戸建て・平屋だから外気の影響は受けやすいとは言いきれないと思います。

 

築年数の古い物件に住むのなら「リフォーム」したものを選ぼう

 

前の物件のトラウマもあってか、新築または築10年以内の賃貸用に作られたものしか選ばないと決めていましたが、そうなると難しいのです。

 

たとえ希望通りの物件を見つけても場所が好まないとか、駅近でもなんでもないのに「この家賃なの?」といった不満もあったりしてなかなか決まりませんでした。

 

それで選択の範囲を広げて、水回りのリフォームをされているものを追加して、今の物件にたどり着いたのです。

 

今の物件は、築年数でいえば古いですが、全面的にリフォームされていました。

 

玄関ドア、窓枠、お風呂、トイレ、洗面台、シンク等、だいたいリフォームをされていまして、築40年以上とは思えないほどキレイな物件でした。

今までの賃貸生活の中で、一番設備が立派なのです(笑)

 

友人も業者さんもみんな「きれい〜」と(大家さんに?)褒めてくれて、やっといい物件に巡り会えたと思いましたね。

 

上から目線のような発言をすれば、ちゃんと賃貸物件を資産と考えていると感じさせられる大家さんです。

 

極端な話、全面的なリフォームをされていない限り、築年数が古い物件は避けた方が無難です。

 

さいごに

古い戸建てだとお風呂に換気扇がないこともありますので、気をつけて下さい。

 

設備だけ気にするのではなく、少しでもジメッとした感じ、ふるくさいにおいが感じるようでしたら選ばない方が無難です。

感覚で言って申し訳ないです。

 

デメリットばかり多く上げていますが、騒音に悩んでいる人には、戸建て物件は最高ですよ。

また追記していきたいと思います。