賃貸暮らし

賃貸の平屋物件に住んでみて思ったことや感じたこと

賃貸の築40年程の平屋物件に物件に住んだことがあります。

 

色々あってあまり長い期間住んでいませんが、平屋に住んでみて思ったことや感じたことを語っていきたいと思います。

 

なぜ平屋の物件を選んだのか

騒音トラブルで疲れ果てたから

 

もう集合住宅で、他人の出す音に敏感になりたくないのとこっちも好き勝手やりたいという気持ちから戸建ての物件に住もうと決めて引っ越してきました。

 

なんでボロの戸建て物件を選んだのかというと、これかしか物件がなかっただけです。

 

引っ越しシーズンでもないので、ないのは仕方ないことです。

 

とにかく古くてもなんでもいい、この苦しみから抜け出したいというおもいでした。

 

実際に平屋に住んでみて感じたメリット・デメリット

平屋のメリット

 

騒音に悩まない環境になったのは最高

 

自分たちも好き勝手できる環境のは気持ち的にも楽になりました。

普通の音量で会話ができますし、深夜だろうが早朝だろうが大きめの音量でテレビやゲームができるって幸せなんだなと再度実感しました。

 

あと庭があれば家庭菜園ができたのは嬉しいポイントでした。

 

平屋に住んで困ったこと

 

・よく虫が出現する

・雑草を抜くのが大変

・大家が協力的ではないまたは過干渉

この三点が困りました。

 

◯よく虫が出現する

 

古い物件ですからある程度の虫は覚悟していました。

 

物件の古さと虫のことは、実家と同等の築年数ということもあってか実家のような感覚を想像していました。

 

ただこれは甘い考えでした。

 

始まりはアリの行列。

 

天井や風呂場、玄関等から列を作っていました。

 

これは実家でも経験済みでしたし、アリ巣コロリみたいなものですぐに対処出来ました。

 

そう、アリはまだ序の口。

 

本当に困り果てたのは、どこかの隙間から侵入してくるナメクジと毎度風呂場に現れるミミズやナメクジ達。

 

風呂場にミミズは、初めてな上に気持ち悪い。

 

部屋に現れるナメクジは部屋中の隙間にチラシを挟んだら出なくなりましたが、風呂場はどうしようもない。

 

出る量は1匹ならいいですが、数匹引き連れてやってくる。

 

これは地獄です。

 

管理会社に行っても「古い物件ですから〜」と・・・。

まぁ、そうですよね。

 

古いと言っても、虫の出現率は異常でした。

 

◯雑草抜きの大変さ

 

冬に内覧と入居だったために、庭の様子があまり分かっていませんでした。

 

暖かくなり、草が生えてきて、こんなに草抜きが大変になるとは思っていませんでした。

 

草を抜いて、除草剤を蒔く・・・除草剤代もなかなかの出費でしたね。

 

庭木もありましたが、大家さんの負担で業者の手配です。

 

◯大家が協力的ではない

 

古い物件ですから、よく何かしら壊れます。

 

入居してすぐに排水枡というのでしょうか、洗濯や風呂の水を流すと枡から水(汚水?)が溢れてくるのです。

 

管理会社に事情を説明して対処してもらおうとしたら、大家さんが自分で対処してくれと言ってきました。

 

アパートと違って戸建てだから枡を掃除するなり業者さんに頼むなりして実費でやってくれと・・・

 

実家でも定期的に掃除していたから分かりますが、入居してすぐでこれはないだろうと。

 

大家さんか前の住人のせいで排水枡が溢れているのだろうって反論をすると・・・

 

じゃあ、初回は大家さんと折半で業者に頼みましょうと・・・・

 

「折半!?」

 

もう交渉に疲れたので折半で了承することにしました。

 

いざ、業者さんの清掃が入るとなかなかの詰まり具合でした。

 

おもちゃやなにか分からない物たち等・・・どう考えてもうちじゃない。

 

後に届く請求書はきれいに折半ではなく、消費税はこちら持ちでした。

 

それ以外にも色々とありましたが省略します。

 

本当に前の大家さんは何か困ったことがあっても積極的に動いてはくれない方でした。

 

管理する気がないのなら大家なんてやめろよと苛々したりしましたね。

 

さいごに

 

平屋はいい事も嫌なことも沢山あった物件だったなと思いました。

 

虫の件や大家さんとの相性が悪くなければもう少し住んでいたかったです。

 

騒音で悩んでいて、虫や庭の管理が苦でない人にはおすすめしたい物件になるのでしょうか。