ドラマ・映画感想

あいのりシーズン2第4話ネタバレ&感想 勇ちゃんの恋模様

勇ちゃんがユウちゃんに頑張って気持ちを伝えようと奮闘していました。

 

一視聴者
一視聴者
今回は、 完全に勇ちゃん回!

 

勇ちゃんとユウちゃんの恋の行方は・・・

 

夜の自由時間、

どのメンバーと出かけるかを一斉にせーので決めるときに、

勇ちゃんとユウちゃんは同時に名前を呼び合いました。

 

見ているこちら側もびっくりしましたし、

勇ちゃんはハプニングだと日記でアキコ先生に報告していました(笑)

 

これは勇ちゃんにとってはかなり嬉しいですよね。

同時にお互いの名前を呼ぶなんてキセキというかドラマみたいな展開でドキドキしました。

 

いい雰囲気からのスタートだと思いましたが、幸せは一瞬でしたね。

 

ユウちゃんが勇ちゃんを指名したのは、みゃんまーのことを相談したからだったからです。

 

でも勇ちゃんはがっかりする表情を見せず、

何事もなく男子部屋でのみゃんまーのことを優しく教えてあげていました。

 

なんか切なくて、残酷な場面でした。見ているこちらもツライ。

 

勇ちゃん自身も今の現状は昔と変わらないいい人止まりになっていることを分かっていました。

 

だからきちんと気持ちを伝えなきゃいけないとおもい動き出しました。

 

勇ちゃんはユウちゃんにミサンガを手作りして渡しました。

ユウちゃんは「私なの?モアは?」と戸惑っていました。

 

やっとここでユウちゃんが勇ちゃんに対して勘違いをしていることが分かったんです。

 

勇ちゃん自身も今までちゃんと想いを伝えてこれなかったし、想像で動くしかない部分もあるから勘違いをされるのも仕方ないとは思いますね。

 

勘違いする前は、勇ちゃんのことをどう想っているのかは気になりますが・・・

 

今の現状を知れたわけですから、

これから少しずつアピールしていけばいいじゃないですか〜と思っていたら、

なんとユウちゃんに告白することを決意したのです。

 

人それぞれの想いを伝えたいタイミングはあると思いますが、早くないかと思ってしまいました。

 

やっとユウちゃんが勘違いをしていると分かって、これから一歩ずつ想いを伝えていければいいのに、もう告白してしまうのかとモヤモヤしたり寂しくなったりしちゃいます。

 

ユウちゃんはみゃんまーみゃんまー言っているのに、ここで告白をするのはある意味勇気があって凄いなと思いました。

 

勇ちゃんはユウちゃんに告白するために、

自分らしく、自分にしか出来ない方法で想いを伝えたいということで、

趣味の折り紙で8時間かけて花束を作って想いを伝えていました。

 

この花束を見ただけでもどれだけユウちゃんを想っているのかが画面越しからでも伝わってきました。

 

少しでも勇ちゃんの気持ちがユウちゃんに届くといいですね。

 

さいごに

 

次回で勇ちゃんがラストになり寂しくなりますね。

 

できればもう少しいてほしかったです。

 

勇ちゃんとユウちゃんが一緒にいる姿は見ていて癒やされました。

夜の公園で2人で大喜利をやっている姿は面白くて、可愛くて、

お互いの空間だけの時間は本当に素でいる姿なんだなと思いました。

二人の姿もそうですが、声のトーンも優しくトゲもなく聞いていて落ち着けました。

私からすればお似合いの2人だからうまくいってほしいなぁと思いますね。

 

ユウちゃんも迷っている様子で、

居心地のいい人(勇ちゃん)なのか、

緊張するけど気になる人(みゃんまー)がいいのかと

考え込んでいるようでした。

 

私からすれば居心地のいい人一択です(笑)

 

次回は勇ちゃんとは確実にお別れになりますが、他のメンバーの様子ももっと知りたいですね。