ドラマ・映画感想

あいのりシーズン2第11話ネタバレ感想 また不穏な雰囲気

はい、またでっぱりん大戦に近しいものが勃発してしまうという疲れる話です。

 

メンバー同士でなく、スタッフと揉めたのはまだ良かった?です。

 

ただもう喧嘩はよくないですか・・・?

 

もう少し我慢を覚えませんか?

 

なんでも思っていることを口にして、

不機嫌を撒き散らし、

見ているこちらとしては、もうお腹いっぱいです。

 

第6話にあった「だから調子に乗るんだよ、女って」と発言していたお二人がやることではないです。

 

とはいえ、今回はでっぱりんが全て悪いというわけではないです。

 

モアが・・・モアが一言言えばね、揉めずに済んだと思う話です。

 

全てが不穏な回ではなく、トムの面白さも際立っていました。

 

トムがいなかったらただの嫌な回でした。

 

トムが復活したよ!

やっぱりトムが元気でないとね。

 

上手く折り合いをつけて、旅を続けることにしたのかな

 

みんなでウズベキスタンの伝統生地「アドラス」を使った服でを試着し、ぷちファッションショーが始まりました。

 

みんあそれぞれいい味が出て似合っている中で、トムは女性用の衣装を試着しました。

 

理由は、新メンバー歓迎会での意中の桜子さんの発言が影響されているようです。

 

桜子さんは、中性的な人がずっと昔から好きで、宝塚が好きで女装が似合う感じの人が結構好きとお話されていました。

 

その言葉の影響で、迷わず女性用の服をチョイスしたのだそうです。

 

トムが元気になってよかったよ。

 

若干、変な方向に行っていた気がするけども元気になってよかったです。

 

色々とあると思うけども、折り合いをつけてやるしかないですよね。

 

相手が変わるのを期待するよりも、自分で変わっていこうとなったのかな。

 

Dr.モリモリのモア事情は・・・

 

モアのいいところをノートに書いていました。

 

ノートを見ることで、今までは悪いと思ってたこともいいところだって思えるとのこと。

 

なんかよく分からないけど、モアのことを克服しようとしていませんか?(笑)

 

それとノートには、裏表がないって書いてありましたけど、ありますよ?

 

男子には見えていないから分からないかな。

 

まぁ、誰にでも裏表はあるか・・・。

 

モリモリは、正直、妥協して恋をすると思っていた

 

本当に好きになるわけないと思っていた。

 

でもモアのことを考えたり、歌とか口ずさんじゃう自分がいて

 

あ、これ本当に好きなんだ

 

むしろ逆にウケるぐらいの感じになれたんで

 

正直自分が一番びっくりしてますと本当に好きという発言でした。

 

みんなで「恋人に求める条件」を言い合う

 

みんな目標や夢を持っている人とかそれを応援してくれる人というのを第一条件としていました。

 

ですがでっぱりんは、弱気で不安な表情をしているようでした。

 

そんなでっぱりんはAIに相談をしていました。

 

でっぱりんが泣いていました。

 

みんな夢があって頑張っているけども、わたしの夢ってなんだろうと思って、これだけは自分は誰かに負けないものや特技がありますっていうのがなくて・・・。

 

尊敬とか自信とか夢とかその言葉がマジで嫌いとのこと。

 

ですがAIは、ちなみに夢なし族で言うと俺も夢なし族だから、自分的には何かの夢を持ってそれを追いかけるとかって楽しくないし、楽しいって思うのは、その時々で興味を持ったことをやるっていう・・・

 

エブリデイ 楽しく過ごすことだけ考えてるからそれでいいんだよね。

 

だからでっぱりんはどういう状態が一番その自分の中で楽しいとか幸せなのかなって感じるのかってのは知りたいと聞きました。

 

でっぱりんは、あたしはすぐ行動するから、海外行きたいと思ったら行くし、今日は服買いたいと思ったら服買いに行ったりとか、その自分の感情にそのまま動けたときが一番幸せと言いました。

 

AIは、いいじゃんそれで、気付いた

 

それが一番楽しいんだったら、その状態をキープすればいいんしゃないの

 

何の問題があるの?

逆に、俺夢あるんだぜみたいなことを言っているやつがぐうたらしてるとイラつく

お前だって、夢追っかけている時が一番楽しいんじゃないのみたいなと・・・。

 

その後、AIが涙ふく?ってでっぱりんに右肩を貸してあげていました。

 

でっぱりんは、夢なし族がおってよかったと笑顔になりました。

 

でもさ、真実の愛を探しに来たんでしょ?それも夢じゃないかな?

 

AI素敵だね、データに基づいた行動なのかは分からないですけど、

落ち込んだときにこういう優しさや励ましができるのはいいですね。

 

なんかAIだと説得力があるし、心強い。

 

これ惚れちゃいそうになる(笑)

 

私は特に夢はないけど、どういう生き方をしたいかというのはあるかな。

 

私をキャンプに連れてって

 

でっぱりんは、次の国でやりたいことは?とスタッフに聞かれました。

 

やっぱ夜って距離が縮まるからキャンプをしたいと提案しました。

 

すぐさまキャンプ場を探したのは井上ディレクター。

 

そうです、この井上ディレクターさんがでっぱりん大戦のお相手です。

 

井上ディレクターは、あいのりシーズン1を猛勉強し、シーズン2を挑みにきました。

 

ディレクターたちが振り回されているロケ現場を見て、俺がガツンとかましてやると思ったそうです・・・。

 

みんなで10時間かけてキャンプ地へ移動しました。

 

ですが、キャンプ場は砂地ですので、四駆ではないラブワゴンが進めばタイヤがはまってしまうリスクがあるので、歩いて行くことになりました。

 

グチグチ言いながらも到着し、荷物も運ぶのかと落胆していると運転手さんが気を使って運んできてくれました。

 

ですが「来させろ!車を!」と言う人物が・・・

 

その発言に井上ディレクターがキレました。

 

このとき、ディレクターが勘違いをしていました。

 

この嫌な発言をしたのはでっぱりんと勘違いしてしまいました。

 

本当はモアが言ったのに。

 

これをきっかけにでっぱりんはいつでも怒鳴るスイッチが入ったようなものでした。

 

でっぱりんは最高潮にイライラしているので、口調も荒いです。

スタッフを呼び捨てし、「八木、水」と言いました。

 

お前のアシスタントじゃないと井上ディレクターは怒りました。

 

はい、でっぱりん大戦が勃発。

ただ今回はスタッフとなので、少しマシなのでしょうか・・・。

 

でっぱりんは勘違いをされたことを含めて、いつもどおりの止まらないお怒りモード・・・。

 

井上ディレクターは男子メンバーの元に行き、

理解してたつもりなんだけど、全く理解できれなかったかなと・・・。

 

モリモリは、あいのりの旅だから、僕は結構でっぱりんに関して色々こうやってしゃべってますけど、これはあいのりの旅じゃなかったら完全に僕の課題ではないんで全く関わらないです。

 

でもみんな楽しそうにしゃべってると思うけどなと言うスタッフに対して、

 

トムは、いやそれは楽しい時もありますし、でも自分の中では怒らせてはいけない地雷みたいなもので・・・

 

つま先立ちで歩いてるんですよ

 

俺はもう2発踏んじゃってるんで・・・ 

 

と今回のあいのりはここで終了です。

 

あのね、モアが一言言えば済んだ問題なのでは?

 

おわりに

 

次回のタイトルが「昨日の敵は今日の友」となっているので、解決するのでしょう。

 

今回は勘違いしたスタッフも悪いし、モアも黙っているのも悪いし、相変わらず怒ると歯止めのきかないでっぱりんも悪いです。

 

確かに、でっぱりんが不快になる気持ちも分かります。

勘違いされたら誰でも嫌ですから。

でも、すぐに違うと言えばよかったと思います。

違うものは違うと言わないと伝わりません。

 

逆にモアに対しては怒らないんだ?と思ったりもしました。

 

モアもあのまま黙っているあたりがなかなかの性格ですね。

いやーこの子も何を考えているんだろうと・・・

 

ですが正直、スタッフがでっぱりんの態度を少しでも違うよ思う方がいてくれて安心しました。

 

そして、トムは面白い。

なんか才能が感じられる表現力です(笑)

 

なんかどんなに前半が良くても、なんちゃら大戦が勃発するとそちらに全てを持っていかれて、こちらも疲れますよ。

 

せめて、あと何回揉めるか教えていただけませんか(笑)

 

シーズン2荒れすぎですよ。

 

次回からは平和にいきましょうよ。