雑記

田舎育ちだったからこそ感じるメリット・デメリット

私は、生まれてから〜18歳まで海の田舎町に暮らしていました。

 

さすがにどこの町かまでは言えませんが、スーパーも近くになく、娯楽も何もない田舎です。

 

家から車で40分ほど走らせないと、まともな店がありません。

 

ですが、今は車で10分のところにコンビニが出来ましたね。

 

ただこのコンビニが出来たことによって、商店がなくなったりしましたので、これはこれで複雑ですね。

 

正直、これでもマシな田舎レベルです。

 

祖母の実家は、もっと田舎です。

 

ポツンと一軒家に出るようなレベルの場所にあります。

 

それは置いておいて、田舎育ちの私が感じた、田舎のメリット・デメリットを語っていきたいと思います。

 

※あくまでも私の田舎の一部のお話です。

 

田舎住みのメリット

離れてから気付く田舎のよさ。

 

自然と空気が最高

 

これは私が田舎から出たからこそ、田舎の自然のよさに気付けました。

 

やっぱり田舎にいればこの自然も当たり前の風景ですし、良いも悪いも分かりませんよね。

 

自ら進んで田舎から出ましたが、季節の変わり目とかに季節の匂いを感じて懐かしく思うんですよね。

 

それに季節の変わり目って、疲れやすいじゃないですか。

 

そんな疲れやすい時期に、季節の匂いを感じると、一気に田舎が思い出されて、田舎で一息つきたいと思ったりしますね。

 

結局は、懐かしさ補正で、自然が素晴らしい、空気がうまいと言っているのかもしれません。

 

でもたまーに田舎に帰ると、海を見ながらごはんを食べたり、海の匂いを感じながら過ごせるって、ある意味贅沢なことなんだなと感じるようになりました。

 

昔はよく分からなかったのですが、

今なら、都会の生活に疲れて、田舎に行きたいという人の気持ちが分かった気がします。

 

お世話好きが多い

 

なんでもやってくれる人が多いです。

 

基本的にうちの地域は鍵をかけないで出かけるのですが、帰ってくると何かしら置いてあったり、洗濯が取り込まれたりしていますね。

(でも今は、防犯上、鍵をかけるように言われています。)

 

何か置いてあるというのは、野菜・魚とかですね。

魚は冷やしておかないと行けないので、冷蔵庫に入っていたりします(笑)

 

誰かが親切にくれるのはありがたいのですが、名前とか書いていないから誰がくれたのが困るんですよね(笑)

 

ただこれは、私はここで生まれ育ったので、ここではこれが普通になっていますが・・・。

 

普通に考えたら嫌になったりもしますよね。

 

互いに助け合い精神がすごいのですが、やりすぎだなと思う部分もあります。

 

これはメリットでもありデメリットでもありますね。

それと人付き合いが多いということにもなりますね。

 

騒音もなく、開放感もありすごしやすい

 

これは戸建て住みだから言えることなのかもしれません。

 

都会だと家が密集しているから、開放感がないです。

それは高いお金を出せれば解決はできますね・・・。

 

田舎だと隣の家と距離がありますので、風通しもよく、気持ちよくすごせます。

 

窓を開ければ、波の音、鳥や虫の声が聞こえてきて、いいですね。

 

賃貸物件の騒音に悩まされている私からすれば、もう天国の環境です。

 

ただ夜のカエルの声だけはうるさいです。

 

田舎住みのデメリット

何かしら不便です。

 

どこに行くにも車が必須

 

スーパーも病院も遠いですので、車が必須ですね。

 

バスもありますが、本数が1時間に1本あったりなかったりですので、車で行く方がストレスが無いですね。

 

夜道が暗すぎる

 

夜になると街灯がほぼないので、道が真っ暗になります。

顔の判別も出来ないくらいです。

 

意外と運転もこわいです。

しかも田舎の人ってガンガン飛ばしながら走るので、余計に夜道はこわいです。

 

それと平和な田舎でも夜になると危ないから出歩くなと言われます。

 

ただ真っ暗になる分、星はよく見えますね。

 

人の生活を気にしすぎる人が多い

 

人の生活を勘ぐって想像して、噂を流すのが好きな人がいますね。

 

何でも口を出さずにはいられない人が多数います。

 

表では良い顔して、裏ではやんわりとした愚痴が多く、毎日の話のネタは、誰かの家の話です。

 

毎日がこんな感じなんで、面倒にもなりますが、話を合わせるしかないです。

 

移住者に厳しい部分がある

 

やっぱり知らない人が来たら、警戒してしまいますよね。

 

拒否はしないけど、いい顔はしないといった感じです。

 

観光客には優しいですが、住むとなると何故か厳しいんですよね。

 

ですが最近は、少子の影響からか外部の人に厳しいということはなくなってきたようです。

 

私が帰省をするたびに、東京からの移住者が増えています。

 

しかも20代が多めです。

こうやって私みたいに出ていく人よりも自ら好んで来てくれる若者を可愛がろうという気持ちになってきたのでしょうね。

 

進学先も職も選べない

 

進学先は、あまり選べません。

高校までは一応通える範囲内にありますが遠いです。

 

中には高校から一人暮らしを選択し、都市部に進学する人もいます。

 

大学や専門学校はありませんので、都市部に行くしかありません。

 

職はそれなりにはありますが、満足に食べていくことを考えると、職業を選びます。

公務員、病院関連資格でないと安定して暮らしていけないと思います。

 

その他に漁師になる手もありますが、最近はなりたい人が減ってきているようです。

 

意外と田舎暮らしはお金がかかります

 

車が必須なので、維持がかかります。

ガソリン代がかなりかかります。

 

車がなくても交通機関を使うことになりますので、お金がかかりますね。

高校に通っていた頃のバスの定期代は数万円かかっていたので、結構ツライ出費でしたね。

 

それとお子様がいるのなら大学進学費用がかかります。

 

一人暮らしをさせる費用だったり、授業料、仕送り等々色々重くのしかかってします。

 

大人が暮らす分にはなんとかなりますが、子どものこれからかかる費用を考えると都会のほうがいいんじゃないのかな?と思ったりもします。

これは自分が苦労して大学に通ったので、実家から通えたら親も子も楽だよねと思ったまでですね。

 

おわりに

 

パッと思いつくメリット・デメリットを上げてみました。

これは随時更新していきたいと思います。

 

都会の良さも田舎の良さもそれぞれあって、何が悪いとかはありません。

 

私は田舎を出た身ですが、当分戻ることはないと思います。

 

やっぱり都会の方が便利ですし、仕事にしろ店にしろ選択肢が沢山あります。

 

たまに田舎に行くのがちょうどいいです。