騒音記録という名の愚痴

【体験談】騒音トラブルでの一番の解決法は「引っ越し」しかないと改めて確信した話

集合住宅でのよく起こるトラブルといえば「騒音」ですよね。

 

騒音問題は、スムーズに解決することなんてないです。

経験上「分かりました、すみません」で済んだことなんてありません。

 

何度か連絡してやっと管理会社が騒音の元に苦情を伝えたとしても、大抵の人は直すどころか酷くなる場合もあります。

私の隣人ガチャ運がないというのもありますが・・・大抵はこじれます。

 

結局は、悩んでいる側が我慢または引っ越すという結果になりますね。

まぁ、よくある話ですね・・・(泣)

 

私は、泣き寝入り近い形での引っ越しとなりました。

 

引っ越しは金銭でのダメージは大きいですが、もう騒音問題で悩む必要がなくなったのは良かったというか安心しましたね。

 

自分がどんなに悩んでいると言っても管理会社は非協力的ですし、騒音元は何を考えているのかも分からない現状で我慢するよりも、自分から環境を変えるしか方法はないと今回の騒音問題で確信しました。

 

引っ越しをして解決というのも変ですが、これが一番確実で安全な方法ですよね・・・。

 

騒音トラブルは解決することはないから、自分で環境を変えるしかないんです

実際、引っ越ししかいい解決法がないです(経験上ですが)

 

結局騒音は出したもの勝ち、我慢か引っ越しの二択しかない

 

管理会社に一言言って改善されるようならこんなに悩むことなんてないんですよ。

 

そもそも管理会社に苦情を言う時点で、既に我慢の域を超えています。

 

それなのに、解決されずに我慢を強いられるなんて、もうこんな家に帰りたくないと思うことも少なくないですよね。

 

しかも、管理会社に苦情を言っても改善どころか「さらにひどくなるパターン」ってありますよね。

逆ギレパターンと言うのでしょうか、これもよくあるパターンというのがツライ!

 

もうね、管理会社に言っても改善されない場合は、我慢なんてせずに無理にでも引っ越した方がいいです。

金銭の都合も色々とあるとは思いますが・・・。

 

私は、1年以内の引っ越しだと違約金が家賃数ヶ月相当(フリーレントということもあって)かかることを気にしたり、そもそも引っ越したばかりなのにまた引っ越すというのはかなり金銭的にキツイと思って、我慢を選んでいたのです。

また引っ越して失敗したらどうしようという不安もありました。
というか物件もない時期でしたから、引っ越ししようにも出来ませんでした。

 

騒音にも壁ドンにも腹が立ちますが、それよりも今すぐ行動できない自分の無力さが一番悲しく辛かった

 

どこに怒ればいいのか分からない毎日、外では何事もないように振る舞う中で、どこかしら自分の何かがおかしくなってくるものなのです。

 

だんだんと体と心が弱ってきていたのは自覚していましたが、異変を気にしないようにしていました。

 

まだ引っ越すかどうか分からない、いい物件も見つからない中で、体調を崩すわけにはいかないと毎日のように言い聞かせていました。

 

ですが、こんな感じに1年くらい我慢をしていれば、無視出来ないようなレベルの体調不良がじわじわと襲ってくるのです。

 

味が感じれなくなったこと(辛いものはそれとなく感じていました)から始まり、謎の吐き気が止まらず、病院に受診して、数週間ほどの休養が必要になってしまったのです。

 

ここまできてやっと自分が限界だと分かりました。

無駄に負けず嫌いなので、よく我慢してしまうのです。

 

最終的に上階の凄まじい足音やドアバン、18時代のお風呂ですら壁ドンをかましてくるようになったので、もう「人の住むところではない」とやっと理解をしました・・・。

 

そして、ちょうどよく引っ越しシーズンになって来ましたので、求めていた戸建て物件が出てきたので、すぐさま内覧、審査、契約となり引っ越すこととなりました。

 

このまま騒音主には、やられっぱなしで引っ越すのか・・・

 

本当は黙ったまま引っ越したくない、できることならやり返したいとまで考えましたが辞めました。

 

というより体調不良がひどく、それどころではなかったというのが正しいです(笑)

 

本当は騒音以外の被害も出ていたからというのも理由の一つです。

その辺は、完全にメンタルが落ち着いたときにでも書こうと思います。

 

あと退去準備が忙しく、やり返すとかやり返さないとか考える暇もなくなりましたよねぇ。

 

断捨離から始めて、荷物をまとめて、掃除して、今度は退去費用に怯えて・・・(笑)

 

というか他の住人に迷惑になるといけないので、退去まで大人しくしていました。

 

もし階下がいなければ、ドカドカ騒いだかもしれません(笑)

 

いい子ぶるわけではないですが、何もやり返さないが正解です。

 

うちみたいに少し病的な騒音主だと、何があるか分かりませんからね。

 

不穏な環境から引っ越しして、普通の生活を取り戻す方がいい

 

このまま引っ越したとしても、

 

「次の引越し先が安心とは限らない」

 

という不安はありました。

 

でも、もうこの物件超えの騒音や壁ドンはないだろうという謎の自信と戸建て一本に絞っていたので、自分を信じて突き進むしかありませんでした。

 

前の物件がひどすぎたということもありますが、今の戸建て物件は平和すぎて不安になるくらいです(笑)

 

もう壁ドンや足音に怯える必要もない、耳栓もしなくていい生活。

 

なにより、「人らしい生活を送れていることが嬉しい」のです。

 

どの時間帯でも気にせずお風呂に入れるし、テレビや音楽の音量も気にしなくていい(限度はある)なんて最高です。

 

耳も痛くなければ心も痛くありません。

 

朝、鳥の声で目が覚めたり、朝から洋楽を流しながら仕事に行く準備ができるってこんなにも気持ちがいいということを忘れていました(笑)

朝は、目覚めたら音楽を流すのがルーティン♪となりました。

 

泣き寝入りでの引っ越しとはなりましたが、これはこれでよかったと思えるまでにはなりました。

 

今までの騒音トラブルを忘れさせてくれるくらいに、今の生活は充実しています。

 

それと騒音問題がなくても、集合住宅の暮らしは窮屈だと感じていました。

 

人によってどこからが騒音と捉えるか分かりませんし、常識的な時間帯での「どうしても出てしまう生活音(電子レンジ・お風呂)」に勝手に怒り、壁ドンされる生活なんてやっていられません。

 

それに、自分がどんなに静かにしたところで、他人は同じように配慮をしてくれるとも限りません。

 

他人に今の生活を改善してもらう、他人に配慮を求めるよりも、自分がさっさと行動して、引っ越してしまう方が楽です。

 

決して、引っ越しも楽ではありませんが、

今回の騒音トラブルで自ら嫌なものから遠ざかる方がはるかに楽だと実感しました。

 

結局、騒音って、今の環境に適応する(我慢)するか引っ越しの二択しかないと思います。

 

余程、面倒見のいい管理会社にでも管理をしてもらわない限り、スーッと解決することなんてないですから。

 

さいごに

 

今の生活は平和ですが、まだ前の物件での後遺症みたいなものはあります。

 

まだドンといった音は、怖く感じます。

 

いちいち「何の音?」と考え込んでしまいます。

 

いまだに「これってうるさくないよね?」って思ってしまいますし、夫にも聞いてしまいます。

 

周りには、「もう少し音を出して暮らせ」なんて言われてしまいます。

 

存在感がないというのもありますが、行動が静かすぎて、よく周りの人たちを驚かせてしまうのです。

 

まだまだ音を出すことに不安はありますが、少しずつリハビリをしていこうと思います。

 

結局騒音トラブルを我慢して得たものは、体調不良だけでした。

 

この1年、無駄にしてしまったという後悔しかないです。

 

私の追い出しに成功した騒音主はきっと喜んでいるでしょう。

 

でも、これでいいのです。

 

今の私は、ストレスフリーの生活で、幸せだからいいのです。

 

騒音主に苦しめられた生活を忘れて前に進んだほうがいい。

 

前に進むって簡単なことではないですが、このまま我慢していても無意味。

 

騒音って人生を狂わせるくらい、ダメージがくるからこそ、我慢せずに環境を変えていきましょう。

 

騒音で悩んだ皆さん、最上階角部屋もいいですが、戸建て物件もオススメですよとボソッと言っておきます。

 

マンションよりも家賃が安いまたは同額程度のものが多いですし、一人暮らしでも戸建て物件に住む人もいます。

 

数は多くないですが、2k、3kのコンパクトな戸建てもありますよ。

 

今は、リフォーム物件も多くあり、選びやすくなってきている気がします。