賃貸暮らし

集合住宅の騒音を紛らわすためにしたこと、気休めにしかなりませんがしないよりかはマシです

今まで何度か集合住宅に住んできましたが、騒音問題に悩まないことなんてありませんでした(笑)

 

入居当初は静かに過ごせても、後からやってきた騒音主によって生活が崩壊することなんてよくある話です。

※もちろん自分の場合を例えての話ですよ

 

そんな隣人運がない私が騒音を気にしないように、紛らわすようにしてきたことを紹介します。

 

タイトル通り「気休め」にしかなりません。

 

皆さんが分かっていることでしょう、「相手の騒音を紛らすことは難しい」ことです。

 

一番は相手の騒音を無視することです

おい、無視ってなんだよってなりますよね。

相手の騒音が気になるととことん気になってしまいませんか?

 

私は、相手の騒音を気になりだしてしまうととことんこれは何の音だと追求するタイプでした。

追求というのもおかしいですが、何してるんだよと気になるのです。

 

何か音が聞こえだしたら、相手の壁に耳をくっつけて聞いていました。

 

とにかく相手の音を聞いていました。

 

人によっては異常な行動だと思ってしまいますよね・・・。

 

でも深夜に騒音をやられてしまうと何をやってるんだって気になってしまうんですよ・・・。

誰か理解をしてくれますか(泣)?

 

ただこれは1番よくない行動です。

 

相手の音を気にすれば気にするほど、精神的に消耗してしまいますからね。

分かっているけど、気にしてしまいますよね。

 

出来る範囲でやった騒音を紛らわす方法

 

◯相手側の壁に本棚

 

うちはそれなりに本が多いので、壁全体に本を敷き詰めて見ました。

 

相手がモンスター級なのか特に効果がないです。

 

これはやる前からなんとなく予想はしていました(笑)

 

◯相手側の壁にテレビを置く

 

相手のテレビもこちら側に置いてあったようなので、同じようにしてみました。

 

相手側のテレビ音量を消し去るように音量を出してみましたが、相手側に壁ドンと音量をさらに上げられたのである意味逆効果でした。

相手側は好き勝手やるくせにズルい!

 

そもそもうちはあんまりテレビを見ませんので、無理がありました(笑)

 

◯寝室とリビングを交換

 

相手側と違うスタイルで暮らそうと思いましたので、不便ですが部屋を交換してみました。

 

リビング側が狭くなりましたが、これはいい感じになりました。

 

今の隣人の例で言いますと、リビングでギャーギャー騒いだ後、深夜は寝室側でギャーギャー騒いでから寝ているようなのです。

 

これが部屋を逆にしたことで、耳栓をしていればほぼうるさくなく、睡眠不足もなくなりました。

 

睡眠不足がなくなっただけでマシなのです。

 

◯イヤホンやヘッドホンをして音楽を聴く

 

音楽を聴くことで相手の音を聞かずに済みます。

 

つまり相手の音を無視するということです。

 

イヤホン等で音楽を聴くことで、自分の世界だけになりますので幾分か気持ちが楽になります。

 

これが1番私の中で効果がありました。

 

これも異常といえば異常ですが、家にいるときは何かしら音楽を聴いて過ごしています。

 

相手の音を聞かないだけで、相手に振り回されずに済みます。

 

欠点といえば、曲と曲の合間にドーンと聞こえることですかね(泣)

 

◯寝ながら自然の音を聴く

 

スマホアプリで自然音系の音を聴いています。

 

でも実際は、音自体は聴いていません。

 

睡眠時は耳栓をしていますので、音は聞こえてきません。

 

ただ自分のメンタル的に音を流しています。

 

耳栓をして、自然音を流しても聞こえないことを実感することで、しっかり防音をされているという安心感を得ています。

 

今までは、騒音で起こされたくない聞きたくないという不安もあってかなかなか眠れませんでした。

 

でも耳栓+自然音というダブル戦法をすることでメンタルが安定しました。

 

効果はともかく、夜間の睡眠にはこれが合っていました。

 

それに加え、夜勤明けでも昼寝をしないことを絶対条件としていました。

 

さいごに

 

他にも色々とやってきたと思いますが、思い出したら追記します。

 

騒音を気にしないということは不可能に近いです。

 

一度気にしたら、些細な音にも怯え気にしてしまうものです。

 

ちなみにうちの夫は騒音を気にしないタイプです。

 

よく姉たちがうるさかったから似たような感じに思えると言っていました。

 

それとそんな騒音を気にするよりもやらなきゃいけない大事なことがあるのというのと非常識な相手に時間をとられたくないという強いメンタルを持っています。

 

確かに夫の言うとおりなんです。

 

でもそう簡単には割り切れないのもです。

 

結局は、我慢なんですよ。

 

騒音問題が起きて解決もしないようでしたら、引越し後の自分を想像しながら引越し資金をためていきましょう。

 

騒音主と戦う気力がないのなら我慢しかありません。

 

何度も騒音問題を経験していますが、結局は我慢して引っ越すほうがいいです。

 

失礼かも知れませんが、騒音主は絶対に自分は悪くないと思いこんでいます。

 

中にはさらに騒音を増す非常識な人もいます。

 

そんな話が通じない人と戦うよりも引越したほうがいいですよ。

 

引越してもお金がないと思う人もいると思います。

 

私も引越したばかりでお金がないよーとなりました。

 

でも1度冷静に考えて、次の予算はだいたいどれくらい必要かと書き出しました。

 

その金額をどれくらいで達成できるのか、もっと家計を見直せないか等を考えました。

 

毎月これくらい節制して、貯金をするというのを書き出すことで、ゴールが見えて気持ちが楽になったものです。

 

先の見えないゴールは不安でしかないので、ゴール設定が出来るのなら設定をした方がいいです。

 

以上がほぼ気休めにしかならない方法でした。

 

みなさんも無理せずに、騒音問題で消耗しすぎないで下さい。