雑記

【体験談】結婚前の同棲はオススメ!もっと相手を知ってからの結婚でも遅くはないです。

私は20代前半から一緒に住み始めて、約3年の同棲期間を経てから結婚をしました。

 

そんな私が同棲についてあれこれ語っていきたいと思います。

 

同棲をしようと思ったきっかけは?

 

大好きな彼とずっと一緒にいたい〜みたいなキラキラした理由ではないです。

 

単純に「お金がなかった」というなんとも言えない理由が同棲のきっかけです。

 

お金がなかったのは私の方です。

 

当時貧乏学生で、複数のバイトを掛け持ちしながら学費や家賃、生活費などを稼いで生活していました。

 

実習期間になると今まで通りのバイトをこなせる自信がないとか、お金を貯めるために休学をするかとか云々悩んでいると「一緒に住もうか」と彼が提案してくれたのです。

 

私がまだ学生でしたので、好きな人と言えど、一緒に住むっていいのか?とか一瞬悩みました。

 

でも、お金がない現状は変えられない。

 

今まで必死に食らいついてきたからできれば休学は避けたいしみたいな感じで、甘えと言えば甘えですが、彼の力を借りる感じでの同棲となりました。

 

学生の分際で同棲を始めることとなりましたが、もし親からの仕送り等があり、一人暮らしや学生生活も協力が得れたのなら、同棲になることはありませんでしたし、社会人になってから同棲を始めたと思います。

 

同棲が決まったらすることは?

親への同棲の許可はどうするか?

 

私の場合は、電話連絡のみで済ませました。

 

賃貸契約時に親の名前を書く必要性がある予感がしたので、事前に連絡しておきました。

 

ちくちくと言われはしましたが、反対とかは特になく勝手にしろといった感じに終わりました。

この頃は、親とかなり仲が悪かったので、良いも悪いもありませんでした(笑)

 

そもそも親の反対を押し切って一人暮らしを始めた経緯やほぼ親の力を借りずに自己責任で生活をしていますので、もう親は関与をしないといった印象でしたね。

 

彼の親も特に反対はないようでした。

 

今まで何度か一緒に食事をしたこともありましたし、もう一人暮らしを始めた時点で自己責任なので、好きにしなさいという感じでした。

 

たまたまお互いの実家が遠方で、お互い一人暮らしだったからこそ電話連絡のみで済んだのだと今なら思います。

 

これが実家暮らしからの同棲だと一言二言では済まない気がしますし、親同士はともかく、恋人を親に紹介をする必要が出てくるとは思います。

 

部屋探し

 

部屋探しは一番苦労しました。

 

不動産に適当に対応されることも多々ありました。

 

事前に不動産に同棲は可能かと電話をで聞けば、担当者がいないとか折り返すとか言って、何も連絡がないとかそこそこありました。

これは、結婚した今もこのような対応をされたこともあります。

 

やっと内覧に言っても同棲とか言うと顔を渋らせたり、若干高圧的な態度もあったりと・・・家探しって大変だなと思いました。

 

無理な家賃を払おうとしている訳でもないので、同棲自体が嫌がれるのでしょう。

 

大家さん的に揉め事とか家賃をどちらが払うのかとか色々と考えないといけない部分があるのでしょう。

 

その後無事に物件を見つけましたが、疲れましたね。

 

その物件を見つけるときにお世話になった不動産は、優しく丁寧に対応していただき、審査のときに、婚約をしていなくても「婚約者」としておきましょうかといったアドバイス?もしてくれました。

 

それと、もし喧嘩したときなどに一旦冷静になれるように、自分の部屋までとは言いませんが、2部屋以上の部屋の契約をおすすめします。

 

そもそもなぜ結婚前に同棲をすることがオススメなのか?

個人的な意見が続きます・・・♪

 

親の影響で同棲推奨派です

 

私は結婚願望とか特になく、婚約をしてからの同棲ではありません。

 

ただ結婚した今だからこそ、同棲をしてから結婚してよかったと思っています。

 

そもそも私は、実家暮らしの頃から結婚前に同棲をしてから正式に結婚したいと思う同棲推奨派でした。

 

なぜ同棲推奨派なのかというのは、親の結婚生活を見てきたからです。

 

物心がつく幼少期の頃から両親は喧嘩をして、お互いの意見を押し付けあって、最終的にいつも母親が折れるというか負けるという終わり方、ひどい喧嘩のときは母親は実家に帰ってしまうというパターンが多く、最終的に離婚するという結果になっていました。

 

これは私も生まれてきた以上少しは関わってはいますが、あくまでの親たちの人生ですので、結婚だの離婚だのは勝手にどうぞなのです。

他人事のように思うしかない家庭環境でした。

 

ただこういう幸せとは遠い結婚生活を見てきましたので、自分は慎重に結婚相手を決めたいと思っていました。

 

全て同棲で見えてくるものではないとは分かっています。

 

ただ私の親みたいに性格の不一致の理由での離婚は避けれますし、一方だけが我慢を強いられる結婚生活も避けれますよね。

 

彼も同棲推奨派の考えです。理由は私と似たようなものです。

 

彼のご両親もよく揉めていたのと、親同士が決めた結婚だから我慢するしかないといった我慢の結婚生活をしていて、よく子どもに当たることも珍しくなかったそうです。

 

もしかしたら仲のいい両親を見てきたのなら、別に同棲をすべきという考えもなかったかもしれません。

 

暮らしてみないと分からないことがたくさんある

 

外でのデートやちょっとしたお泊りデートでも、まだお互いがベストの状態で会っている状態です。

 

実際に一緒に暮らしてみないと分からないことがたくさんありますよね。

 

今までの生活習慣や価値観の違いや家事レベルが低いまたは全く出来ないとか、しょうもない小さなことから大きなことまでたくさん出てくると思います。

 

どんなに好きな人と暮らすとはいえ、我慢できない部分もあるでしょう。

うちの場合はお風呂は夜に入るか朝に入るかで揉めました(笑)

 

大げさのように言いますが、結婚後に不満や後悔をして、家庭内では我慢をしつつ、外での定番ネタが配偶者の愚痴となる結婚生活を送る生活なんて嫌ですよね。

自分の親や前職の嫌いな上司を元に語っています

 

同棲の時点でお互いの不満を解消をしていく努力をしていくとか、どうしようもないのなら別れるとか、同棲をしておけば回避できることもあると思うのです。

 

なんだか悲観的に言いすぎてはいますが、結婚をして離婚をするよりも、同棲を解消をする方がマシです。

 

同棲時の金銭や家事分担はどうするか

 

これは人それぞれの考え方になるでしょう。

 

私がまだお金がなかったときは、金銭面は食費(4万〜5万ほど)だけを負担していました。

 

それ以外は彼が負担してくれていました。

 

家事は基本的に私がやっていました。

 

そんなに明確に決めていなくて、例えば何か日用品がなくなったら私もお金を出しましたし、私が夜勤のバイトでいないときは彼が家事をやってくれていました。

 

私が社会人になっても、結婚してからもこのなんとなくのスタイルは変わっていません。

 

金銭も家事もきっちりと分担をしていたときもあったのですが、なんか逆に揉めたのでやめました(笑)

 

お互い不規則なシフト制勤務ということもあるのですが、私の夜勤が多めで日中にいることも多いので、私が家事をやるほうが早いのと、彼が緊急の仕事でシフト通りに帰れなかったり、休日出勤もあったりするので、彼が金銭負担、私が家事負担といったざっくりのやり方のほうがあっているのです。

 

この辺は暮らしていくうちに自分たちで合うスタイルを見つけたほうがいいですね。

 

同棲のデメリットはあるのか

 

同棲をして結婚をした経験から言いますと、メリットだらけで、特にデメリットはないです。

少し賃貸契約が面倒になるだけです。

 

ただ自分は比較的早い段階で同棲を始めたからこそ3年もダラダラとできました。

 

よく聞く話ですが、期間を決めてから同棲をしないと女性側が不利になると思います。

 

何年も一緒に暮らして、結局別れるとなると、また1からの恋愛スタートで大変になりますよね。

 

あんまり考えたくはないですが、自分の年齢を気にしながらやっていくしかないんですよね。

 

さいごに

 

あれこれ好き勝手に書きましたが、また何かあれば追記していきます。

 

一概に同棲がいいとか悪いとかははっきりと言えません。

 

ただ私は両親の不仲や離婚を見てきて、もっと相手を深く知ってからの結婚でも遅くはないと考えています。