雑記

もち麦ごはんの食感がたまらない!おにぎりにしても冷凍をしても美味しいよ

私は白米が好きすぎて、いつも食べすぎてしまいます。

 

少しでも健康を気にした方がいいと思いまして、少しもち麦を入れることにしました。

 

結構「もち麦はおいしい」と感じられたので、もっと早くから食べていたらとも思いました。

 

モチ麦はプチプチもちもちした食感があり、弾力もあり、よく噛んで食べるようになり、より満腹感が感じられます。

 

モチ麦は食物繊維で、便通にもいいらしいので、毎日でなくてもたまにもち麦に置き換えてみると健康的にも良さそうですね。

 

モチ麦の炊き方は簡単です!

 

いつものように白米を研ぎ、水を入れます。

 

私は、少し水を少なめにするのがオススメですが、それぞれお好みでどうぞ!

 

商品によると思いますが、基本的に売られているモチ麦は、洗わずにそのまま白米に入れても大丈夫です。

 

もち麦の量は、お好みで大丈夫です。

 

よく記載されている量は、お米1合に対して、麦大さじ2、水は大さじ4で、だんだん量を増やしていくのもいいとのことです。

 

うちの場合は、お米用計量カップ(1カップ)に3分の1程度(約0.5合)の麦をはかり、水量は100mlほど入れます。

 

あとは軽く混ぜて炊いています。

 

お米もそうですが、麦も30分程度浸すといいらしいですが、すぐに炊飯してもそれなりにおいしく炊けます。

 

予約機能で、7時間ほど浸して炊飯しても普通に美味しいです。

 

冷凍でも変わらずおいしい

べたつくこともなく、米も潰れず、麦のもちもち食感もなくなることもありません。

 

おにぎりにしてもおいしい

 

私はよく昼食におにぎり(混ぜご飯)を作るのですが、もち麦入りにしてからさらにおいしくなりました。

 

冷めても普通にもち麦のうまさが感じられますし、白米だけのおにぎりよりも好きになりました。

 

いつも食べているおにぎりレシピ

 

レシピというほどのものではないですが、混ぜるだけで簡単です。

 

 

業務スーパーに売っている混ぜ込み用「わかめごはん」を買って使っています。

 

約1合に大さじ1ほど入れますが、お好みでどうぞ。

 

150gほど入っていますので、毎日のように食べる方にはオススメです!

 

このわかめご飯だけでもおいしいですが、「いりごま」や「ごま油」も一緒に入れるとよりおいしさが増します

 

さいごに

 

いつものごはんにモチ麦を入れるだけで、美味しい上に「食の豊かさ」がより感じられます。

 

もち麦は、ネットでも店舗でもどこでも売っていて、手に入れやすい商品なので飽きずにもち麦生活を続けられそうですね。

 

ちなみに私は、よく業務スーパーや西友で購入しています。

 

西友だと298+税なので、比較的安く買えますよ。