雑記

【体験談】子供部屋は必要!子供だって一人になりたい時間だってある【子視点】

大人だろうが、子どもだろうが、一人の時間を持つことって大事ですよね。

 

単に部屋がないのなら諦めがつくのですが、実際はあります。

しかも親には自分の部屋があるというむなしさ。

親の持ち家だから当たり前か・・・。

 

空き部屋は、こちらからすればただの物置にしか見えません(笑)

親の荷物置き場と結婚して出て行った叔母の荷物があるのです。

 

そんな私は、リビングで寝ています。

リビングは団らんの場所で、寝る場所ではないですよねぇ。

親も私も同じ家族なのは変わりはないですが、どこか自分が居候のような存在に感じてしまいます。

 

常に誰かしらいる環境で、気が張ってしまうので・・・変な話、トイレに入っている時間が一番落ち着きました。

 

子供部屋は、勉強だけのものではないし、自分自身を見つめなおしたり、これからのことをじっくりと考えるためにも必要な場所だと思うのです。

 

そんな私の誰得体験談です(笑)

 

集中すれば音なんて聞こえてこない?

親って邪魔をしたりしますよねぇ。

 

勉強はどこでもできるのは確かなことだが・・・

 

そう、勉強なんてどこでも出来る。

強がりな発言です^^

実際、行き帰りのバスの中やバスの待ち時間で勉強をしていました。

 

でもそれは移動時間の有効活用ではなく、家では集中出来ないという理由からです。

 

テレビとかがうるさいのではなく、いちいちちょっかいを出してくる親がうるさい!

親は、そんなつもりはないのでしょうけどね・・・。

 

うちの親の場合、人が何かしらに集中し始めると「邪魔をする」いじらしい性質を持ちます。

 

「今から勉強をするから邪魔をしないでほしい」と言っても「何かしら話しかけてくる」、イヤホンをしながら勉強をしてもイヤホンを勝手に外し、何が何でも話を聞けといった傲慢さ・・・だんだんと私もイライラし始めるのです。

 

私が無視をしたり、ちょっと強めに言い返せば、親に対しての口の聞き方だのなんだのという理不尽な言いがかり、ひどければ謎の説教時間の始まりでした。

夜だと親がお酒を飲んでいる状態ですので、(元から怒りっぽいですが)酔うともっとキレやすいのです。

 

もう無駄に親と揉めたくないので、親が寝静まったころにこっそり勉強をしていました。

 

でもそうすれば(見えていないところで)勉強をしていないと説教・・・寝不足と理不尽で、息が詰まるような生活でした。

 

子供部屋って勉強をするだけの部屋じゃない

 

子供だって自由にできる部屋がほしいのです。

 

子どもにだってプライバシーが守られる空間がほしいのです!

 

子供部屋を必要と思わない親に言ってもしょうがないですが、子供も一人になりたい時間ってあるんですよねぇ。

 

というか、部屋がほしいと思う1番の理由がプライバシーがないからというもの。

 

親だから、家族だからという理由だけで、こちらのことなんて考えないで言いたいことをズケズケ言う距離感ゼロの接し方にうんざりしていたのです。

 

その他にも、親にとってはワガママと捉えると思うのですが・・・

・親と顔を合わせたくない日もある(いちいち親の機嫌に合わせていられない)

・無駄に苛々したり、泣きたい日だってある(親の前で泣いたり落ち込むと逆に怒られますので)

・静かに本を読みたい時だってある(何を読んでいるのだと馬鹿にしたり邪魔をされるときがある)

等々・・・

 

それに加えてうちの親は、子供の癖に親に対して生意気に意見を言うなという厄介なタイプなので、私とはとにかく性格が合いません

 

なので・・・できるだけ距離を取りたい!!!!

 

親子でも性格が合わないことだってあるのだから、少し距離を置く場所、(言い合いになったときなどに)冷静になれる環境を作っておくのはお互いのためだと思うんですよね。

 

よく学校帰りに家に帰りたくないなぁーとため息をつきながら帰ったものです・・・。

最終バスが来る時間までに帰らないと面倒になるので、寄り道もできない(ふぅ)

 

友達を家に呼べない

(無理をしてまで呼ぶ必要はないが・・・。)

雨の日とか、夏休みの時とか、友達の家で遊んでゲームとかお茶会とか子供にも色々な付き合いがありますよね。

 

私は友達の家での遊びの時は、よく家の手伝いや勉強を理由に断っていました。

 

自分の家には、友達と遊ぶ部屋がなかったのと恥ずかしさで断るしかありませんでした。自分だけ友達の家に行って、自分の家には呼ばないということはできませんからね。

 

とはいえ、周りも察するのか、ド田舎の地域のせいか、室内遊びよりも外での自然遊びが多かったのが幸いでした。

 

親は子供の都合関係なしに昼でも夜でも友人たちを呼び、リビングでも親の部屋でも自由にやっていますが、子供側はそれができない。親の持ち家だから仕方ないのは分かるけども、どこか納得のいかない私でした。

 

早く親のように自由にやりたい、大人になりたいなーなんて子供ながらに思っていましたよ(笑)

 

子供部屋があっても使わなかった、寝るだけの部屋だった、だから子供部屋は必要なかったと言う方もいますが・・・

それっていい距離の関係だったから言えるのでは?
寝る場所でもあるだけでも羨ましいと思うのは私だけ?

 

子供部屋が用意されていたけど、必要がなかったのは、いい家族関係だったということでしょう。

少々、やさぐれています(笑)

 

というか、部屋があるとないのとでは、気持ちの持ちようが違うと思います。だって、いつでも一人になれる場所があるって気持ち的に楽ですよ。

 

やっぱり、自分のテリトリーがあるって落ち着きますよ。

 

おわりに

 

子供部屋が必要かどうかは、親が決めることなのは分かりますが、家族と思うのならもう少し子供の意見も聞いてもいいのになぁと・・・。

 

まだ部屋数が足りないなら諦めがつきますが、部屋があるのにだめだと言うのは納得がいかないです。

 

今は実家から離れ、自分の好きなように暮らしています。

心からくつろげる、安心できる居場所がある今、喜んで実家には帰りたいとは思わないですよ。だって居場所がないと分かっていますから。

部屋があれば昔の思い出が~懐かしいなぁ~と思うこともあったのでしょうか(笑)

 

部屋がなかったくらいで大げさだと思う人もいるでしょう。でも、プライバシー空間がない環境住むのは結構苦痛でしたよ。着替えとかで苦労したこともありましたよ。

 

まぁ、今となれば昔のことですが・・・

親との仲が良かったなら、「部屋がほしい」なんて思わなかっただろうか?とか「自分の時間が確保できる部屋」があれば、親とも不仲にならずに済んだのかな?とか考えたりもします。

 

家族にも程よい距離感が大事だよねというお話でした。