雑記

毒親(育ち)あるある【体験談】

毒親育ちの私が過去の気持ちの整理を兼ねて、毒親・毒親育ちあるあるをあげていきましょうかね。

 

人によって毒親の感じ方は違うと思います。なので、何かちょっとした目安程度に見てくださると幸いです。

 

毒親あるある

毒親にありがちな行動

 

外面がいい

私だけが悪者な感じ?

 

地元だと私以外の人たちは、毒親のことを良い人だと言いますね。従兄弟もかなり慕っているのです。

なんというか、外に出ると良い人に変身するんだよね。

 

他の人は、外面の良い部分しか知らないからか、私のことを冷たい人だ、もっと親孝行しなさいと言ってきます。

 

何度も心の中で思ったけど、家での親を知らないから外の人間は、好き勝手言えるんだよなーと悲しくなりますね。

たとえ言ったとしても、もっと私の立場が悪くなるだけだろうし、もう実家や地元は、心から落ち着ける場所はないだろうな。

 

親戚や他人に子供の悪口を言う(褒めないとも言うのかな)

毒親自身は悪いとは思っていない。

 

親同士が謙遜し合うことはあるでしょうけど、それにわざわざ「うちの子はだめな子なの」と言う必要はないですよね。

それと、自分がいかに理解のある親であるかを演出し、子供は親の気持ちなんて分かってくれないと半笑いで嘆くこともしたりすることもありますね・・・。

まぁ、子供からすればただただ気分が悪い。

 

というか悪く言いたいなら、子供に聞こえないところでやれっていう話。

 

友人のことを悪く言う

これも悪気なく言っている。

 

ちょっとしたネタ、世間話の足しにとでも思って言っているのだろうな。

 

子供の友人だからケチでもつけたくなるのだろうか?

幸いというのもアレだが、友人の前ではいい親演じてくれるからそこは良かった(というのも変だけど)

 

束縛・干渉がひどい

これが一番厄介なもの。

基本的に毒親は、子供に自由にさせたくありませんからね。

 

例えば・・・

・学校以外の外出は禁止

これは私ではなく、夫の話。

うちは小学から片親育ちで昼は監視できないので、その辺はスルーでした。

 

夫の家は、母が専業主婦だったので、常に子供を監視できる状況にあったそうです。

家の目の前の本屋ですら外出は禁止、高校からは部活(任意)も禁止、常に勉強をさせられていたとのこと。

たとえずっと家にいても、定期的に巡回してくるから落ち着くことはないといっていました。

言い方はよくないが、軟禁レベルだったと今なら思うそうです。

 

これ以外にも、毒親というものは子供のすべてを把握しておきたいという気持ちが強すぎてしんどい。

子供のことを把握しておきたいのは普通のことだけど、うまく言えないけど、限度はあるよね。

 

そして、事あるごとに干渉し、子供の意見は聞かない、意思も尊重もしない。

 

親が想い描く理想通りに進んでいかないと、暴言・妨害を平気でしてくる。

 

説教が長い

 

一度怒ってしまうと、怒りが止まらない。数時間の説教は当たり前。

うちは、片親だったので、止める人もいない、夫の家族も知らんぷりして止めなかったそう。

 

そして、いまいち何が怒りポイントなのか分からない。

すべては親の機嫌次第。

 

こっちは一生懸命に親の機嫌取りをしながら生活をしないと、無駄な説教に付き合わされるから疲れます。

 

誰のお金で生活して(食って)いると思っているんだ

もはやこれはあるあるすぎるやつ。

 

確かに、子どもの頃は親がいないと生活できません。

 

こんなことを言うのも嫌ですが、

親は、結婚も離婚も子を作るかどうかの選択ができます。

 

勝手に子を育てる選択をしておきながら「誰のおかげで~」「誰のお金で~」の発言はよいとは思えませんね。

 

毒親育ちあるある

 

自己肯定が低い

 

毒親からさんざん人格否定されてきたためか、自分に自信が持てない。

 

何をやろうにもお前には「出来ない」「無理だ」と言い、何か失敗すれば「ほらみなさい」

だもの、自信なんてもてるはずがない。

 

とはいえ、ずっとそういって生きるわけにもいかないので、親と離れて暮らすようになってからは少しずづ自分を認めるようにしてきました。

 

今でも自分嫌い、自信がないといったものがありますが、夫と二人でちょっとアホっぽいですが、積極的に褒め合うことをしていますね。

 

さいごに

 

ぱっと思いついたのを書いていきましたが、後々追記していきます。

 

軽く書いている部分もありますが、わりと生きづらいと思った毒親との暮らしでした。

自分が不幸とは思ったことはないですが、(外からだと判断は難しいですが)普通の親子を見ると恵まれていて羨ましいとは何度も思ったことはあります。

 

今は物理的に離れて暮らしているおかげが、精神的には安定しつつあります。たまに自分の心の中で荒れたりしますが、前ほど憎むというものもありません。

 

毒親あるあるを書いておいて言うのもあれですが、こうなってしまった親も苦労して生きてきたのかもしれませんね。別に同情とか許すとかはありませんが、いつまでも過去に縛られるような生活は完全に終わらせ、どこかで自分も次のステップにいかないといけませんね。